Serena Dimensions RM

Serena Dimensions RM は、包括的な要件定義、要件コラボレーション、要件再利用、要件トレーサビリティ機能を備えた要件管理ソリューションです。

Screenshot with caption Watch a 2-minute video on Requirements Management

要件管理の概要ビデオ (2 分間)

 

Dimensions RM 統合

Serena Dimensions RM では、分散したチームが、要件の更新についてコラボレーションやディスカッションを行い、投票することができます。

コラボレーティブな要件定義

Serena Dimensions RM では、お客様環境のリソースを使わずに、Web 上で詳細な要件管理機能を提供します。 複数ユーザーが並行して要件の編集、コメント、投票、変更の管理を行うことができます。 要件書をオンラインで作成して管理することもできます。 Serena Dimensions RM では、一元管理された要件のリポジトリに Web からアクセスできるため、整合性のない複数バージョンの要件がさまざまなデスクトップやユーザー デバイスに作成されることはなくなります。

オフラインのコラボレーション

Serena は、Microsoft Word を使用して、簡単に要件を共有し、連携して処理できるようにしました。 Serena Dimensions RM では、要件を Microsoft Word 文書として公開できるため、オフラインでレビューしたり、他の文書やプレゼンテーションに追加したりすることができます。 Serena Dimensions RM ではまた、Microsoft Word 文書をインポートして、レビュー済み要件の更新や要件の新規作成を行うことができます。

Dimensions RM のトレーサビリティ

Serena Dimensions RM は、ビジネス要件から機能要件、リリースに至るまで完全なトレーサビリティを提供します。

エンドツーエンドのトレーサビリティ

Serena Dimensions RM では、要件のステータス、関係、変更、依存関係についてすぐに洞察を得られます。 Serena Dimensions RM は、Serena のオーケストレーテッド ALM (アプリケーションライフサイクル管理) ソリューションの一部として、要件を導入まで継続して効果的に追跡できます。

Dimensions RM で要件の再利用

Serena Dimensions RM を使用すると、チームは以前のプロジェクト、バリエーション、関連リリースから要件を再利用できます。

要件の再利用

同じ作業を繰り返す必要はありません。 Serena Dimensions RM では、複雑な再利用シナリオがサポートされ、既存の要件のバリエーションを作成する場合には、定義済みの要件セットを識別して再利用できます。 Serena Dimensions RM は、1 つの中央リポジトリに要件を保存するため、ソースやオリジナルの要件をコピーする必要はありません。 プロジェクトでは、要件の継承を維持するかどうかも決定できます。